Record Store Day 2015 に見るアナログ・レコードの可能性と音楽の未来

4月18日(土)、レコードストアデイとなるこの日に全国各地でアナログ・レコードに関連するイベントが開かれました。

 

私共ヨシノトレーディングは、HMV渋谷Record Shop にて開催されたインターFMさんの公開収録のお手伝いをさせて頂きました。

 

当日はイベント用の機材搬入のために開店時間である10時の1時間以上前に現地入りしましたが、既にこの日にリリースされる限定レコードを手に入れようと長蛇の列が出来ており、店内がある程度落ち着くまで身動きが取れないほどの盛況ぶりでした。

 

16時30分から名物DJピーター・バラカンさん、沖野修也さんが登場し、彼らが影響を受けたアナログ盤の演奏とトークが繰り広げられました。

 

最後のセットでEARのパラヴィチーニが登場し、自身のキャリアの説明と、特にアナログ盤制作にまつわるテクニカルな話がとても印象的でした。

 

この模様は下記のスケジュールで放送される予定ですので、是非チェックしてみてください。

 

<オンエアスケジュール> インターFM

①4月26日(日) 18時 - 20時「Barakan Beat」featuring 沖野修也氏

 https://www.interfm.co.jp/barakanbeat/#

 

②4月29日(水) 22時 - 23時「JAZZ ain't Jazz」

 http://www.interfm.co.jp/jaj/

 

③5月3日(日) 18時 - 20時「Barakan Beat」featuring パラヴィチーニ

 https://www.interfm.co.jp/barakanbeat/# 

 

※放送が受信できない地域の方はごめんなさい。

 

いちレコードショップにこんなに人が溢れかえるものなのかと圧倒されましたが、最も印象的だったのは、お客さんの層の広さ。

老いも若きも、男も女も、箱に詰められたレコードを掘る掘る。

こんな光景をレコード屋さんで見るのは初めてかもしれません。

しかし、何か音楽の未来に一筋の光が見えたような期待感が否応なしに高まる光景であったことも間違いありません。

また音楽は時代を、世代を、そして文化を超越するコミュニケーションツールであり芸術であるということも再認識出来ました。

 

昨年、一昨年と確実に盛り上がり続けるアナログ・レコード。

 

様々なメディアでもレコードストアデイの事が取り上げられていましたので、参考までにリンクを添付致します。

 

NHK:アナログレコードで音楽のよさを

 

The Page:アナログレコードの音に触れて 150店で同時イベント

 

ここでアナログに目覚めたリスナーに音楽の素晴らしさや、音質の奥深さに気づいてもらい、少しでもオーディオの世界へ誘うための努力と活動が私達に与えられた重要な課題でしょう。大切なのはこれからです。(K)

 

続きを読む

Sound & Recording Magazine にEAR のプロ機器が多数導入されているChurch Studioが紹介されました。

続きを読む

歌謡曲 J,POPが熱かったオーディオフェスタインナゴヤ

平成27年2月13, 14, 15日、名古屋国際会議場にて開催された「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ」に初めて参加させて頂きました。


今回は、ヨシノトレーディングが活動を開始した初期の頃から行ってきた「大人のアナログコンサート」と題して、アナログ・レコードを演奏して音楽を純粋に楽しんで頂くイベントを開催致しました。


「朝はクラシックで爽やかに」「80s ポップスで華やかに」等々のテーマを設定し、50分を1セットとして様々な曲を演奏しました。


特に「青春の和モノ」と題し、日本の歌謡曲・J.POPを演奏をするセットにおいては、毎回立ち見が出るほど人が集ってくれ、中には涙を流されていらっしゃる方もちらほら。


演奏終了後に「とても感動しました。レコードやりたいと思いました。」と嬉しいお声も。


音楽再生の素晴らしさは、単に音楽を再生するだけではなく、その当時の情景や、志など、様々な想い出も同時に再生されることです。


涙を流されていたお客様も、きっと何かを想いだされて感極まったのだと思います。こちらも心がとても熱く、そして優しい気持ちになりました。


先だって「パーソナル・ソング」- 1000ドルの薬より1曲の音楽を -

http://www.fashion-press.net/news/12387

という映画が公開され話題になりました。

音楽の持つエネルギーが人に与える影響力というのは、計り知れないほど大きいモノだと思います。


少しでもこれらの体験から、「レコードやってみようかな?」という方が1人でも増えてくれたら、私達としてもとても嬉しく思います。(K)


続きを読む

各誌からアナログ関連のムック本が続々リリース

続きを読む

若者へアナログ・レコードの面白さを伝える、ステレオサウンド別冊「アナログレコードはじめてBOOK」をご覧あれ


昨日もYahooニュースのトップページに『アナログレコード人気復活」の記事が掲載されていましたがご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。


このニュースでも紹介された「アナログレコード はじめてBOOK」はステレオサウンド別冊として昨年の暮に発売されました。


このムック本は、初めてアナログ・レコードと向き合おうとする若い人達にレコード再生やソフトとしての「ヴァイナル」の面白さ、楽しさを紹介しています。


アナログのノウハウ系の本は、マニアックな方向に走りがちですが、本書は「レコードってクールじゃん!」という雰囲気や魅力が女性にもやさしく伝わるようにカジュアルなスタイルが特長です。


私共もクリアオーディオのプレーヤー「Concept」を使い、ニュースタイル・ストリート系ダンス・ヴォーカル・グループ「Vimclip」のEIKIさんが "初めてのターンテーブルのセッティングとレコードの試聴に挑戦” なる特集のサポートをさせて頂きました。


ステレオサウンドの試聴ルームで行われたレコード試聴では、ソウル、ファンク、ジャズ系の音楽がお好きだということで、それに関連するようなレコードを持参して望みましたが、「音が1つ1つはっきり聴こえる」と、その響きの違いをしっかりと認識されていた様子でした。


これまでも若い音楽ファンにレコードを聴いてもらうイベント活動を行ってきましたが、若い人達の音に対する感度の鋭さにいつも驚かされます。


若い世代自らが感じ、そしてその良さを発信することによって、更にアナログ・レコードの素晴らしさが伝播されて行って欲しいなと思います。


そして、アナログ・レコード再生の良さや楽しさに気付いた若いリスナーが、さらに音質へのこだわりや、ヘッドフォンもいいけど、スピーカーから奏でられる2チャンネルオーディオによる音楽鑑賞へ興味を持つきっかけになってくれればと期待しています。(K)

続きを読む

EARプロ機材を多数導入する「ポール・エプワース」の超本格的スタジオ「The Church Studio」がいよいよ始動開始!

続きを読む

2014年アナログレコードの売上は過去20年間で最高を記録!米国では前年比52%UPの920万枚、英国では35%UPの120万枚を販売。

 

続きを読む

イギリスのプロ用オーディオプロダクション雑誌“Resolution”にパラヴィチーニの関わる2大スタジオが紹介されました。

2014年11月/12月の表紙を飾るのが現在世界でも最も活躍するプロデューサー、ポールエプワースの新しいスタジオThe Church Studioです。


そしてもう一つ、2014年アナログレコードの売上を牽引してきたピンクフロイドの20年ぶりの最新アルバム“Endless River”のスタジオでもあるAstoria Studioが紹介されています。


イギリスを代表する名プロデューサ兼エンジニアのポールエプワースとアンディージャクソン。


The Church Studio


それぞれのコントロールルームの写真が掲載されていますが、背後にはEARの機材を見る事ができます。


彼らの音楽制作に欠かせない機材がTim de Paravicini/EARのプロ機器およびParavicini本人によるカスタマイズされたアナログ機材であり、最新のデジタル技術とアナログ技術が共存することによって、新時代の音楽が生み出され始めています。


昨今のアナログレコードの復活の背景には、作り手側の本気と技術が重なって魅力的な音源を提供したいという強い想いが、リスナーに届き始めたのだと感じます。(E)


続きを読む

「アナと雪の女王」のアナログ・レコードが華を添えたヘッドフォン祭2014。

「アナと雪の女王」アナログ・レコード(3枚組)
「アナと雪の女王」アナログ・レコード(3枚組)
続きを読む

レコードストアデイの盛り上がりを伝える英インディペンデント紙より

4月17日発売のイギリスの新聞 (Independent) に掲載されていたレコードストアデイ関連の記事より。

「A New Spin On Old Vinyl」
レコードストアデイは、インディペンデント系の音楽ショップがダウンロードに変わるものとして魅力的にヴァイナルレコードを提供しています。

レコードストアデイ(RSD)は2007年にアメリカの音楽ファンが、ローカルレコードショップの存続を危惧して、レコード文化を祝うイベントとして生まれました。7年後の現在それは世界的な祭りとして大きく成長しています。

アメリカでは700のショップが参加し、ヨーロッパにおいてもフランス、イタリア、トルコ、スペインなどで行われ、200以上のショップがあるUKでもPixies, Quantic Soul Orchestra、そして驚くことにOne Direction限定盤を手に入れるために100人以上の行列ができるでしょう。

One Direction はMidnight Memoriesのピクチャー盤で5000枚のリリースが用意されています。

ラジオプレゼンターのTom Bonnet 曰く、“重要なことは、インターネットは幅広く情報を届けることはできても、信用できる門番のいるショップにいけば、いつもより面白くて、質の高い、特別な盤を教えてくれる”

RSDの成長は、レコードショップを支える献身的な音楽ファンの強い気持ちの証である。

この20年の間に、音楽はスーパーマーケットで売られるようになり、ダメージの最も大きい原因はインターネットでした。
これによりHMVは倒産し、トレードは続いているけれどもUKでは最後のレコードストアチェーンとなっています。

しかしRSDは事実その目的を達成し、ショップの生き残りと繁栄を確かなものにしているか?

数字をみると2004年から2009年の間に、540ものショップがなくなり、それ以降は閉店率が下がり、2013年は293のショップが296に若干上昇している。

RSDはショップに対してより多くのインストアライブを行ったりカフェを持ったり、よりレコードを販売することで自信を付けさせて来た。

一方でビヨンセの新譜は、ショップを通してでなくiTuneでのみ独占オンライン販売され大ヒットとなっている。

もしレーベルがレコードストアデイに独占して発売すれば、年間を通じてショップをサポートできるのではないかと「Whatever Happened to Record Shops」の作者Graham Jonesは言う。

レコードショップはこれからだって目抜き通りに建つことだって多いに可能性としてある。そのためには生き残りと成長をかけて常に新しい魅せ方をして行かなければならない。

One Direction 
http://www.onedirectionmusic.com/static/news/midnightmemories-recordstoreday.html

グラミー&アカデミー賞プロデューサー「Paul Epworth」の自宅にパラヴィチーニが招かれました。

続きを読む

RECORD STORE DAY 2014 スペシャルイベント TOWER RECORDS 渋谷店「素敵な音楽との出会い!渋谷の街に素敵な音楽を!」

続きを読む

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 大人のアナログコンサート開催 ステレオサウンド「アナログ音盤Vol.2」発売記念&RECORD STORE DAY スペシャルイベント

続きを読む

グラミー受賞プロデューサー「ポール・エプワース」のアナログ装置満載のNEWスタジオが完成間近!

 

パラヴィチーニがカスタマイズしたテープマシン「Studer J37」が導入された グラミー受賞プロデューサー、Paul Epworth(ポール エプワース)が現在建設中の最新スタジオ「Church Studios」

ピンク・フロイドの代表作「Wish You Were Here」の録音でも使用されたNeveコンソールが導入され、スタジオは着々と完成に近づいています。その他にも散見される数々のアナログ装置の山。

 

2014年グラミー賞5部門に輝いた大ヒットアルバム「ダフト・パンク」の「ランダム・アクセス・メモリーズ」の製作で採用され、俄然世界の注目を浴びたアナログレコーディング。
今、世界のミュージックシーンのトップレンジでは、間違いなくアナログの波が押し寄せています。
このスタジオから世界に向けて発信される音楽に要注目です!

 

続きを読む

ポール•エプワースの新スタジオにJ37テープマシンが導入されました。

Paul Epworth(ポール エプワース)のロンドンにある新スタジオThe Church StudiosにTim de Paravicini (TDP) モディファイのJ37が導入されました。(正確には貸出中。)エプワース自身のツイッターで“Uncle TDP. SOUND MEGA”と紹介しています。右端にはEAR社のおなじみのdpロゴが明記されています。

ポール•エプワースは、2年連続全世界売り上げ1位の快挙を成し遂げたAdel(アデル)の大ヒット作「Rolling in the Deep」の入ったアルバム「21」でグラミー賞を、映画007「Skyfall」ではアカデミー歌曲賞、グラミー賞を共に受賞したプロデューサーとして一躍有名になりました。

最近では昨年11年ぶりに来日したポール•マッカートニーの新作「NEW」で4曲を共作しています。

J37のテープマシンで今後何が生まれてくるか楽しみです。

https://twitter.com/paulepworth

続きを読む

赤川新一×井上鑑 DSDトリオ ライブサウンドを聴く

好評発売中のステレオサウンド 管球王国71号(2014年冬号)。昨年11月に行われたDSDトリオレコーディング(PAにEAR509パワーアンプが用いられています。)のライブサウンドを名エンジニア 赤川新一さんと名プロデューサー井上鑑さんとともにEAR868プリアンプとEAR509Ⅱの再生装置で聴く(6ページ特集)。 オーディオ再生だけではなくデジタル録音が主流の今、今後注目されるであろうアナログを取り入れた録音に興味のある方にも大変興味深い記事になっています。 

●井上鑑 
ホームページ  http://www.akira-inoue.com/
Facebook   https://www.facebook.com/akirainoue.pabloworkshop

●赤川新一 スタジオ mimizuku
ホームページ http://www.studio-mimizuku.com/rec.html

また、EAR890パワーアンプも商品紹介されています。 EARアンプはデザイナーであるパラヴィチーニのこだわりでロングセラーモデルが多く、管球王国誌では、1996年のvol.2号以来18年に渡ってEARの製品を繰り返し紹介していただいております。

●管球王国
バックナンバーに興味のある方は
http://store.stereosound.co.jp/products/list.php?category_id=13

続きを読む

笹路正徳×Tim de Paravicini テープ音源を聴く

現在好評発売中の音元出版 Audio Accessory vol.151(2014年冬号)より。(4Pカラー特集記事)

「笹路正徳がゆく」のコーナー。 昨年夏の対談を機に、秋ハイエンドショウでは、笹路さんの人生にまつわるアナログ盤をご紹介いただき、非常に内容の濃い素晴らしいインタビューを聴くことができました。(今後詳細を紹介して行く予定です。)

そして、今度はパラヴィチー二が笹路さんに是非聴いてもらいたいということで、Mobile Fidelityのカッティングエンジニア ポールスタブルバインから直にもらったマスターテープとパラヴィチーニカスタム(Denon DH-610S)のテープデッキを持ち込んで、音響ハウスのマスタリングエンジニア石井亘さんご協力のもとマスタリングルームで試聴させていただきました。

笹路さんの理論的な解説とまとめのもと、長時間に渡って音楽談義は続きました。この中で、“ブラックスペース”という新たなオーディオ用語?も生まれアナログサウンドの奥深さを改めて感じる時間となりました。

最後に、パラヴィチーニがチャレンジングプロジェクトと言っていたインド映画のサウンドトラックを自らレコーディングしたとき(2003年)の貴重な音源を今回初めて披露してくれました!

●笹路正徳 http://www.mimi-tab.net/cn15/MasanoriSasaji_index.html
Facebook https://www.facebook.com/Mr.Sasaji

●音響ハウス http://www.onkio.co.jp/

●ポールスタブルバイン
http://www.yoshinotrading.jp/ear-tim-de-paravicini/paul-stubblebine/

●音元出版 Audio Accessory 151
http://www.phileweb.com/editor/audio-a/151/
Phileweb http://www.phileweb.com/

続きを読む

音楽プロデューサー 笹路正徳さんとパラヴィチーにが対談をしました。

先月下旬に、analog誌の取材でパラヴィチーニは音楽プロデューサーの笹路正徳さんのご自宅にお伺いしました。※現在発売中のAnalog Vol.41にこの模様が掲載されています。

 

笹路さんは、普段はスタジオワークがほとんどでレコーディングが大好きで、ミュージシャン仲間にもオーディオを薦めてきたということで、Audio Accsessory誌にも連載をされている程のオーディオファイルです。

 

笹路さんは、以前からのEARとNottinghamの愛用者でもあり、主にクラッシックを聴くためにEAR859を寝室にて、音楽部屋ではSpacedeck とEAR834Pをご愛用していただいています。

 

笹路さんのお宅に、EAR88PB、EAR912,EAR509Ⅱをお持ちして、機器を入れ替え音の変化を楽しむという企画でした。最初に笹路さんが28歳の時にプロデュースしたという1983年のマリーンのDejavuの曲を聴いてみました。

最終的に912と509を投入して、パラヴィチーニがカッティングやマスタリングに関わった、プロコルハルムの青い影、ライクーダー、MOFI盤フランクシナトラの曲等名演奏を立て続けに聴きました。

 

改めて笹路さんはマスターテープの音が聴けたと驚いた様子でした。各楽器の音場感が見え、レコーディングエンジニアの抜群のうまさが分かる。その表現では、おそらく笹路さんの頭の中にでは、瞬時にして各演奏者、ボーカル、エンジニアの姿が見え、楽器や録音機材が収まったスタジオの空間、その時代の空気感までもつかんでいるようでした。

 

なかなか一般人がマスターテープの音は聴くことができませんが、マスターテープを知る二人だからこそ、第一線のプロのさまざまな経験を積んできた笹路さんとパラヴィチーニにしか分からない世界が広がっていました。

 

最後に笹時さんは、真空管アンプについて決して古い懐古主義のものではなく、甘いというイメージはない。むしろ実際スタジオでは、コンプレッサーをはじめ、マイク、ギターアンプに至まで使用され馴染みがあり、ハイスピードで、温度感があり、ガッツ、パワー、ワイドレンジがあると言っていました。

 

10月12日(土)のハイエンドショウでは、Music Bird 主催 田中伊佐資さんの番組「アナログサウンド大爆発!〜オレの音ミゾをほじっておくれ」の公開収録に笹路さんが登場します。

 

 

先日での取材の模様はFacebookでも紹介されています。

 

笹路正徳 Music Review (Facebookへ飛びます)

Yoshinotrading (Facebookへ飛びます)

 

オーディオファンの皆様、ミュージックラバーの皆様

是非、ハイエンドショウにお越し下さいませ!

スケジュール詳細は近日公開予定です。

 

 

 

グラミー受賞アーティスト「アデル」のプロデューサー「ポール・エプワース」がEARをスタジオに大幅採用。

「ピンク・フロイド」や「モービル・フィデリティ」等々、世界のトップミュージシャンやスタジオで活躍する「EAR」のプロ機材。

 

この度、2012、2013年グラミー賞を受賞した作品「Adele 21 / アデル21」、そして2013年アカデミー賞を受賞したジェイムスボンドが活躍する映画007の最新作「Skyfall / スカイフォール」の音楽プロデューサー「Paul Epworth / ポール・エプワース」が彼の所有するスタジオやプライベートユースでEARのオーディオ機器を多数導入しました。

 

「Paul Epworth / ポールエプワース」は、「EAR 912(プリアンプ)」、「EAR 890(パワーアンプ)」をはじめ、スタジオにはパワーアンプ「EAR549」(EAR509の200Wバージョン)、「EAR 660(コンプレッサー)」、「EAR 824(マイクアンプ)」、「EAR 822 (イコライザー)」等々をスタジオに導入し、非常に(歪みのない)クリーンなサウンドを持つEARの真空管装置を多用して、サウンドクオリティをさらに新しいレベルまで押し上げれると考えているようです。

 

今、音楽界の先端を走るプロデューサーの次作が非常に気になるニュースですね。ひょっとするとアデルの3rdアルバムは、EARを駆使したアナログサウンドになるかも?


続きを読む

レコードプレーヤーは家電ではありません。楽器です。

家で生楽器によるライブミュージックを楽しむ贅沢。

続きを読む