ティム デ パラヴィチーニ


    「オーディオ装置は独自の音を持ってはいけない。」

Tim de Paravicini
Tim de Paravicini

 

音楽好きで機械好き「ティム・デ・パラヴィチーニ」の好奇心と探究心が、半世紀以上を 費やして未だ追い続けるテーマです。 

 

「入ってきた音を、そのまま出してあげるだけ。」

この一見簡単そうに聞こえる言葉は、パラヴィチーニが研究開発に費やした膨大な時間と、妥協を許さず理想へ挑戦し続けてきた自信に支えられているのです。

そしてそれは同時に今日のオーディオや音楽業界での評価を築く礎となりました。

時として「鬼才」「天才」などと形容されることもありますが、その実は人知れず努力と試行錯誤を積み重ねた「苦労人」であることは、あまり語られることはありません。

 

パラヴィチーニ独自のロジックに基づいて生み出された数々のオーディオ装置類は、どのモデルも明確な目的を持ったアーティスティックな作品としてロングセラーとなり、世界中のオーディオ愛好家やスタジオのプロエンジニア、そしてミュージシャン達からも長く愛用されています。

凛としながらも英国クラフトマンシップの温もりを感じさせる佇まい、真空管ならではの甘さに頼らない上品な優しさと、繊細な美しさ、そして空気が澄み渡って行くような深い奥行きのある音の舞がパラビッチーニ作品の真骨頂と言えるでしょう。 

 

時代は加速度的にデジタル化が進んでいます。パラヴィチーニはそんな急速なデジタル至上主義に警鐘を鳴らしながらも、留まることを知らない音への挑戦はデジタル領域へも拡がりつつあります。

しかしいくらデジタルと言えど、その根底には、あくまでもアナログの持つ「感性」と「音楽性」に拘った音の再現がテーマとなっています。 

真空管に対する深い造詣、それにマッチングするための独自のトランス造り、パラメーターの数値からではなく、耳に届く音を頼りに回路を導き出す。

全ての数値が突出しているだけでは「いい音」は作れても「心地いい音」は描けません。

その極めた者でなければ分からない音の「バランス感覚」をパラヴィチーニは大切にして、音と音楽の「スイートスポット」を探るのです。

 

この世に音楽がある限りパラヴィチーニの旅に終わりは無いようです。

 

Biography

 

1945 英国人両親のもとアフリカ・ナイジェリアで生まれる。

1965 英国にてロックバンド用機材のカスタムデザイン、スタジオ機器のモディファイに着手。

1967 南アフリカにてアンプ/トランス製造工場を設立。

1972 日本のLux社へオーディオデザイナーとしてヘッドハンティングされる。 C1000/M6000 プリ/パワーアンプをデザイン。3045 tube mono block 等をデザイン。

1976 英国に戻り、ALBAラジオステーション、Tangentスピーカーのデザインコンサルタントを務める。

Michealson & Austin tube amplifier にてTVA10、M200 mono blocks  製作に従事。

1978 Esoteric Audio Resarch (EAR社)設立。1979 EAR 509 100w professional tube mono block power amplifier 発表。

1985 新型レコードカッティングシステムを発表。

1993 米国グラミー賞にてBest World Music Alubum 受賞作品 Ry Cooder & V.M. Bhatt "A Meeting By The River"  Technical Contributionに選出される。

1994 ベストセラーEAR 859、834P発表

1996 米国グラミー賞にてBest World Music Album ノミネート作品  Bela Fleck, V.M. Bhatt & Jie-Bing Chen "Tabula Rasa"  Mastering Engineerに選出される。

 

以後、数々のアナログ作成、マスタリング、コンサルティング、EAR製品デザインを手がけ今日に至る。

 

クライアントリスト

  • Moile Fidelity(モービル・フィデリティー)
  • Water Lily Acoustics(ウォーターリリー・アコースティックス)
  • Chesky Records(チェスキー・レコード)
  • Island Records (アイランド・レコード)                  
  • Green Room Production / Tony Faulkner(トニー・ファルクナー)
  • Musical Fidelity(ミュージカル・フィデリティー)
  • QUAD (クォード)
  • Luxman(ラックスマン)
  • Dunlop(ダンロップ)
  • Heybroke(ヘイブローク)
  • Paul Epworth(ポール・エプワース)
  • Bob Ludwig(ボブ・ラドウィック)
  • Doug Sax(ダグ・サックス)
  • James Guthrie(ジェームス・ガスリー)
  • Joe Gastwirt(ジョー・ガストワート)
  • Michael Brauer(マイケル・ブラウアー)
  • Paul Stubblebine(ポール・スタブルバイン)
  • Andy Jackson(アンディ・ジャクソン)
  • Jim Keltner(ジム・ケルトナー)
  • Pink Floyd(ピンク・フロイド)
  • David Gilmour (デイヴィッド・ギルモア)
  • Paul McCartney(ポール・マッカートニー)
  • Ringo Star (リンゴ・スター)
  • Kate Bush(ケイト・ブッシュ)
  • Cassandra Wilson(カサンドラ・ウィルソン)
  • Ry Cooder(ライ・クーダー)
  • Aerosmith(エアロスミス)
  • Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ)
  • Bob Marley(ボブ・マーリー)
  • Edwyn Collins(エドウィン・コリンズ)
  • Frankie Goes to Hollywood(フランキーゴーズトゥハリウッド)
  • Jon Hassell(ジョー・ハッセル)
  • Hamza Ei Din(ハマザ・エイ・ディン)
  • Astoria Studio(アストリアスタジオ)
  • Toe rag Studio(トーラグスタジオ)
  • West Heath Studio(ウェストヘルススタジオ)
  • The Exchange(ザ・エクスチェンジ)
  • Classic Records(クラシック・レコード)  
  • Yoshiko Katayama(片山 敬子)
  • その他多くのアーティストやエンジニア