Silence calls Elegance

静寂からのみ聴こえる音楽の脈動。

それを捉える奇跡のプレーヤー。

僅かな音の瞬きすら逃さない

芸術的音楽表現力。


手動で始動させるターンテーブル
手動で始動させるターンテーブル

日本におけるアナログプレーヤー復活の時代を迎えるきっかけとなった代表モデル「Spacedeck」を擁するノッティンガム・アナログ・スタジオ(N.A.S.)は、1970年にトムフレッチャーによって創立され、今や貴重となった純英国産ブランドとして、ロビンフッドで有名なノッティンガムのシャーウッドの森にある工房で熟練職人達の手により1つ1つ丹念に造り出されています。

 

ノッティンガム・アナログ・スタジオ社(N.A.S.)のターンテーブルには余分なものは一切付いていません。”シンプル イズ ベスト”の極致とも言えるデザインには訳があります。

 

最高の再生音を得るために、たどり着いた1つの回答は「沈黙」。

 

闇が深ければ深いほど、空気が澄んでいれば澄んでいるほど、普段気付かないような、かすかな星の瞬きを捉えられるように、アナログに刻まれた僅かな音の陰影までをも紡ぎ出すために、いかにターンテーブルの深い沈黙と静寂を獲得するかがノッティンガム・アナログ・スタジオ社の永遠のテーマになっています。

 

昨今、高トルクモーターの使用が圧倒的主流のターンテーブルのデザインの中にあって、モーターからの機械的な様々な影響を避け、「沈黙」に近づくために「規定回転スピードを維持さえ出来れば良し」とする超極小トルクのモーターを使用しています。

 

プラッターを回転させるための起動トルクすら持たない極小モーターにより、まるでルーレットを回すように、最初は手で勢いをつけてプラッターを始動させるという常識を打ち破る奇想天外な発想も、全ては沈黙と静寂を得るために試行錯誤の末、完成されたノッティンガム・アナログ・スタジオだけの明確な理由を持った特別技巧なのです。

 

N.A.S.社が理想を掲げる「ライブミュージックから機械の癖を取り除く」というフィロソフィーのもと、極限までに人工的な機械の力を排除し、自然の慣性力に身を委ねて粛々と回転を続けるプラッターから、グルーブに刻み込まれた、今までに気づくことのなかった音との出会いに驚きと深い感銘を受けることでしょう。

 

「沈黙」という「静」の境地に立って感じることの出来る「動」の高揚。

ノッティンガム・アナログ・スタジオで愛聴盤を聴けば、その意味が分かります。 

 


Nottingham Products

   Interspace Jr.        Spacedeck           Space294       

      Dais          Anna Log                            Deco


あなたに最新のアナログ・レコード情報をお届けいたします。


メモ: * は入力必須項目です