弊社の取り扱いケーブルブランドKubala-Sosnaの代表Joeさんからのメッセージです。

生活で様々な制限があるかもしれません。気持ちを切り替えて、あなたの日常が少しでも癒されますように!

Music has no language. Music is for everyone. Music has no comparison. 

   Music has the capability to wash away all the sorrow, fear, and depression. 

      “Without music, life would be a mistake’ said Nietzsche. 

      There is no need to know the language or the basic notes to enjoy good music. 

   “Music is enough for a lifetime but a lifetime is not enough for music “says Sergei Rachmaninov. Music is an ocean and no one has conquered this ocean but has only gone deep into it to take pearls.

音楽には言語がありません。音楽はみんなのためのものです。音楽には比較がありません。

   音楽には、悲しみ、恐怖、うつ病を洗い流す能力があります。

      「音楽がなければ、人生は間違いだろう」とニーチェは語った。

      良い音楽を楽しむために、言語や基本的なメモを知る必要はありません。

   「音楽は一生には十分ですが、一生は音楽には十分ではありません」

とセルゲイ・ラフマニノフは言います。

音楽は海であり、誰もこの海を征服したことはありませんが、

真珠を手に入れるために海に深く入り込んだだけです。

Brands


最新価格表

修理・カスタマーサポート

原則的にお買い上げいただいた販売店にご連絡ください。その際、販売店には故障状況を詳細にご連絡ください。転居等の都合でお近くに販売店が無い場合には、お近くの当社製品取扱店にご相談ください。

全国販売店リスト

受付から完了までに、おおよそ2~4週間のお時間を頂いております。(修理パーツがない場合、メーカー本国での修理はこの限りではありません。) 詳しくはこちらをご覧ください。

 

修理品のご送付に際し運送時の破損事故も相次ぎ発生しております
 原因は、簡易的な梱包によるものです
 運送業者様よりは、弊社への到着時点に簡易梱包故に保険補償の対象にならぬ旨を通告されております。
 尚、弊社の対応としましては、精神的並びに経済的負担をお客様に課してしまわなければなりません。
ご注意:修理品の送付に際しましては、オリジナル元箱の利用、もしくは、厳重なる梱包にてのご送付をお願い申し上げます。その際、連絡先(お名前、住所、メールアドレス、不具合の内容を明記した用紙を必ず同封くださいませ。)

EARの製造中止及び休止モデルの修理に関して

詳しくはこちらをご覧ください。


最新カタログ

こちらよりカタログと価格表がダウンロードできます。



イベント情報


お近くのセレクトショップ

全国の販売店で弊社製品を展示いただいております。お近くのセレクトショップはこちらをご覧ください。

 

 



新製品情報


Concept Active

Clearaudio社初、フォノEQ内蔵、ヘッドフォン端子内蔵ターンテーブル誕生! 省スペースでも自分だけの音楽空間を創る。

Smart Matrix Silent

さらに使いやすくなったレコードクリーニングマシン、Smart Matrix の進化系が登場!

2020年3月現在、本体備品の洗浄液のアルコール成分の入手が困難なため

販売を休止しております。


EAR Phonobox

「King of Tube」の異名を持つパラヴィチーニの管球式フォノステージ。四半世紀の時を超えてここに登場!

Designed by Tim and Nevin de Paravicini


Topics

Studer J37、再びポール・マッカートニーのスタジオに

先日 Tim de Paravicini は Paul McCartney のスタジオからの依頼を受け、17年前に納入した改良型 Studer J37 と同機材をふたたび彼のホームスタジオに納入しました。ちなみに、写真は1台目の J37 です。

 

J37 は The Beatles 時代の Abbey Road Studio で使用されていた名機のテープマシンです。17年前のマシンも再度チューニングが必要とのことなので、いずれ EAR に里帰りしてパラヴィチーニの整備を受けることでしょう。

Photo by Sticky Fingers
Photo by Sticky Fingers