「アナログで音楽を聴く」という方法を選ばれた豊かな感性のあなたに...

 

アナログ・レコードから奏でられる「心地良い音」と「音楽の持つ素晴らしさ」をお伝えし、音楽の感動に満ち満ちた豊かなライフスタイルをご提供いたします。

 

理想とする「アナログ・マスター・サウンド」へ近づくために、私どもヨシノトレーディングでは世界の選りすぐりのオーディオ製品をご紹介しております。

Brands


最新価格表

修理・カスタマーサポート

受付から完了までに、おおよそ2~4週間のお時間を頂いております。(修理パーツがない場合、メーカー本国での修理はこの限りではありません。) 詳しくはこちらをご覧ください。

 

EARの製造中止及び休止モデルの修理に関して

詳しくはこちらをご覧ください。


最新カタログ

こちらよりカタログと価格表がダウンロードできます。(準備中)



イベント情報

今年で37回目を迎える 2019東京インターナショナルオーディオショウは、11月22日(金)、23日(土)、24日(日)の三日間、東京国際フォーラムで開催されます。

今年もTim de Paraviciniによるデモンストレーションを予定しておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

 


Tim de Paraviciniによるデモンストレーション時間での人数制限のお知らせ

期間中の3日間、午後2時から3時までは、Tim de Paraviciniによるデモンストレーションを行います。今回は4チャンネルのオープンリール演奏も予定しております。機材の配置や配線の関係でブースをクローズするため入場制限(20名程度)をさせていただきます。来場を希望される方は、当日、入場整理券をお受け取りください。※整理券は原則、一人一枚の配布となります。

 

※日曜日は、小原先生とパラヴィチーニの講演を続けて参加される場合は、必ず当日朝、整理券をお受け取りくださいませ。席が埋まり次第終了とさせていただきます。

 

22日(金)2時〜3時 パラヴィチーニ

23日(土)2時ー3時 パラヴィチーニ

24日(日)1時ー2時小原先生、2時ー3時 パラヴィチーニ

お近くのセレクトショップ

全国の販売店で弊社製品を展示いただいております。お近くのセレクトショップはこちらをご覧ください。

 

 



新製品情報


Concept Active

Clearaudio社初、フォノEQ内蔵、ヘッドフォン端子内蔵ターンテーブル誕生! 省スペースでも自分だけの音楽空間を創る。


EAR Phonobox

「King of Tube」の異名を持つパラヴィチーニの管球式フォノステージ。四半世紀の時を超えてここに登場!

Designed by Tim and Nevin de Paravicini


Topics

Studer J37、再びポール・マッカートニーのスタジオに

先日 Tim de Paravicini は Paul McCartney のスタジオからの依頼を受け、17年前に納入した改良型 Studer J37 と同機材をふたたび彼のホームスタジオに納入しました。ちなみに、写真は1台目の J37 です。

 

J37 は The Beatles 時代の Abbey Road Studio で使用されていた名機のテープマシンです。17年前のマシンも再度チューニングが必要とのことなので、いずれ EAR に里帰りしてパラヴィチーニの整備を受けることでしょう。

Photo by Sticky Fingers
Photo by Sticky Fingers