Doug Sax  ダグ・サックス(1936 - 2015)

Doug Sax (The Mastering Lab)
Doug Sax (The Mastering Lab)

 

ダイレクトカッティングレコーディングのパイオニアであり、「Sheffield Lab」(シェフィールド・ラボ)の創始者の1人でもあるダグ・サックスは、独自の高音質の追求に並々ならぬ情熱を燃やすエンジニアの1人です。

 

現在は「The Mastering Lab」の主宰者として「Analogue Productions」等から、非常に質の高いリマスター盤をリリースしています。

エンジニア関連の数々のグラミー賞を受賞し、オーディオ・エンジニア・ソサエティー

(AES)からは永久名誉メンバーの称号を与えられた、もはや伝説的なエンジニアです。

 

マスタリングに携わったアーティスト達も、ピンクフロイド、ローリングストーンズ、レイチャールズ、イーグルス、シェリル・クロウ、バーブラ・ストライサンド、ベット・ミドラー、ニール・ダイヤモンド、ロッド・スチュワート、アース・ウインド&ファイアー、マイルス・デイビス、ジョージ・ベンソン、ナタリー・コール、ジャクソン・ブラウン、ニール・ヤング、ジェームス・テイラー、ウィリー・ネルソン等々の超ビッグネームが名を連ねます。

 

パラヴィチーニ/EARは、「EAR 660」コンプレッサー/リミッター、及び「EAR 825Q」イコライザーを提供しています。

 

 

※去る2015年4月2日、ロスアンジェルスで78歳で永眠されました。

謹んでご冥福をお祈り致します。彼の残された偉大なる功績は永遠です。

 

 

マスタリング界の帝王とも言える「ボブ・ラドウィック」、「ダグ・サックス」、そしてステレオファイルマガジンのシニアエディターである「マイケル・フレイマー」が、昨今の「ラウドネスウォー(Loudness WAR)」について言及するとともに、アナログレコードの音質の良さや、アーティスティックな素晴らしさを若いミュージシャンやエンジニア、またレコード会社の面々に語る、非常に興味深い内容です。

このセミナーに参加している若者の多くが、CDを含めたデジタルフォーマットよりもアナログ音源の方が音がベターであると感じているという結果には驚かされます。

実際に欧米では若者も含め、アナログレコードの良さが広く再認識されており、徐々にマーケットが拡大しています。

 

 

フルバージョン(音声のみ/英語)

 

The Mastering Lab(英語)

 

Sheffield Lab(英語)

 

 


あなたに最新のアナログ・レコード情報をお届けいたします。

メモ: * は入力必須項目です